4年間を終えて / マネージャー班4年 安藤 美紗

4月 7th, 2019 by admin Leave a reply »

「ガンバ!」

 ストップウォッチとボードをもって現役マネージャーとしてこの言葉を選手にかけることももうないのかと思うととても寂しく感じます。

 大学に入学するまで勝負の世界を経験したことがなかった私でしたが、スキー部のマネージャーとして頑張る選手を近くでサポートし、彼らが成長していく姿を見て、そして【勝つ】喜びを分かちあう。そんな素敵な経験を4年間でたくさんさせてもらいました。

 「なんで選手をやらないの?」「マネージャー楽しいの?」4年間、スキー部の先輩方や後輩、友人、多くの方に何度も聞かれました。

 正直、入部当初はやっぱりマネージャーは選手に比べたら部に貢献することができないのかな…と思うこともあり、「私はマネージャーとしてスキー部に居る方が部のためになれるから」そう自信を持って答えることはできませんでした。

 確かに選手の道を選んでいたら、インカレでポイントを獲るなど、結果を残して部に貢献することがもしかしたらできたかもしれません、(夢のような話ですが)

 でも、万が一自分が選手として4年間を過ごしたとしても、実際に4年間私がマネージャーとして、あるいは主務や会計という役職として、スキー部の運営に与えた影響や貢献できたことには及ばなかったと、そのくらいマネージャーとして過ごした4年間は誇れるものだったと思います。

 マネージャーの仕事や成果は結果として数字や順位に表されることはありません。正解かどうか、やってみないと分からない事もたくさんありました。それでも誰かの「ありがとう」に一言に励まされ、自分の行動が少しでも部活のためになったら、その思いで試行錯誤取り組んできた4年間。睡魔と戦いながら向かう朝練も、マネージャー一人で参加した夏合宿も、生徒として参加していた一般合宿を自分の手で運営したことも、声を張り上げて応援したインカレも、スキー部が大好きなたくさんの先輩方に出会えたことも、全部大切な思い出です。

 支えてくださったOBOG の皆様、苦楽を共にした同期、最後までついてきてくれた後輩。

 4年間、本当にありがとうございました。

Advertisement

コメントを残す