新入生の皆さま

 学習院大学輔仁会スキー部のホームページをご覧いただきありがとうございます。本年度主将を務めさせて頂きます、マネージャー班4年安田彩夏と申します。宜しくお願い致します。

 私は、幼い頃から様々なスポーツを経験してきて、怪我も経験してきました。怪我の経験があるため、自分自身がプレーヤーとなって率いていくことはできません。しかし、今までの経験を活かし、学生生活の集大成としてこのスキー部をさらに輝ける部になるよう、主将として、マネージャーとして、率いてまいりたいと思っております。

 現在、スキー部はノルディック班、一般・アルペン班、マネージャーの3つの班で成り立っております。昨年は4年生8人、3年生3人、2年生8人、1年生8人で活動しておりました。決して人数は多くはありませんが、とてもアットホームで仲が良いところが魅力です。

 スキー部はよく、「夏場のトレーニングは何をやっているの?」と聞かれますが、しっかりと筋トレやランニングを行い、基礎体力やシーズンに繋がるトレーニングを重ねております。冬のシーズンに向けて陸上で4月から11月まで練習を行ない、12月から2月は各班の合宿となり、2月のインカレという試合に向けて雪上で練習に励みます。夏場の陸上トレーニングでは班合同で練習を行うので、部活としての一体感を感じることができるのではないかと思います。

 例年、陸上トレーニング期間の練習は週3回の朝練と1回の午後練にて形成されています。しかし、現在のコロナ禍では例年通りにならない部分も多々あります。それでも部員全員が臨機応変に対応し、今出来る精一杯のトレーニングを行い成長を志しています。そのため、コロナ禍だから全く練習ができない、時間を無駄にしてしまう、といったことはありません。

 一般・アルペン班は競技経験のある部員もいますが、ノルディック班は全員が大学から競技を始めた初心者です。また、マネージャー班も競技についての知識はそれぞれでの入部でした。運動経験も様々で、それぞれの位置からのスタートになりますが、全員が必ず成長できるのがスキー部の特徴です。

 是非少しでもスキー部に興味をお持ちの方は、部室に入れるようになりましたら黎明116にお越しいただくか、部活の公式ブログ、公式SNS(Twitter、Instagram)まで連絡を頂けたら、幸いです。お待ちしております。

学習院大学 輔仁会スキー部
主将 安田 彩夏