私の大学生活 / マネージャー班4年 館野 沙織

4月 7th, 2019 by admin Leave a reply »

 大学に入学してから早4年が経ち、卒業を控えた今になって良く聞かれる質問があります。

「大学生活は楽しめた?」

 私の大学生活の大部分を占めているのは言うまでもなく、スキー部の一員として過ごした時間です。楽しい事ばかりではなく、たくさん悩んだ事もあった4年間でした。しかし、その質問に対して自信を持って「はい!」と答える事ができる事を私は誇りに思っています。

 スキー部のマネージャーとして過ごした4年間の中で、私は人間として少し大きく強くなれたように思います。

 入部してからしばらく経って先輩から伺った話の中に、今でも強く印象に残っていて自分の糧にしている言葉があります。それは、「自分は迷ったら難しい方、辛い方を選ぶようにしている」という言葉です。

 “組織の一員としてチームメイトと共に1つの目標の達成を目指す” という1年を4回繰り返してきた中で、うまく想いが伝わらずにもどかしい気持ちになったり自分の無力さをひしひしと感じて悔しい思いをしたりと、それまでの人生の中では経験した事の無かった壁に直面した事が何度かありました。

 今までの私ならばそんな時は簡単な方、楽しい方に逃げてしまっていたのではないかと思います。しかし、壁にぶつかる度に逃げずに耐えて、乗り越えて、私はこの4年間をスキー部の一員として過ごす事ができました。

 それはきっと “迷った時に辛い方を選ぶ” 事で、今まで勝手に創り上げてきた自分の枠を超える事ができていたからだと思います。

 スキー部員として1年1年を重ねていく中で自分の価値基準が自然と変わっていくのを実感した時の、何とも新鮮で嬉しい気持ちは今でもはっきりと覚えています。

“人生は選択の連続” と聞いたことがありますが、大学1年生の4月に半ば直感で下した判断は間違っていませんでした。

 自分自身が強くなれたのはもちろん、いつでも味方でいてくださる頼もしい先輩方、可愛い自慢の後輩達、そして落ち込んでいる時にこそ冗談を言って笑い飛ばしてくれる大好きな5人の同期と出会う事ができたからです。

 この部活に入ったからこそ持つ事ができた大好きな人達との繋がりを、これからも大切にしていきたいと心から思います。

 私の大学生活は「学習院大学輔仁会スキー部の一員として過ごす」という選択をしたからこそ、充実した楽しい4年間になったのだと確信しています。この4年間で学んだ事、得た事を糧として今後の人生を歩んでいきたいと思います。

 お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

Advertisement

コメントを残す