インカレに向けて / ノルディック班4年 伊藤 慧

3月 1st, 2019 by admin Leave a reply »

「あともう1年だけノルディックをやってみたい」

 先日同期の五十嵐とそんな会話をした。インカレ本番2日前のことだ。

 私は4年間ノルディックスキーをやってきて、この期に及んでも自らの思い描くスキーのレベルに到達することが出来なかったと感じている。入部当初から見てきた先輩たちの背中は未だに大きいままであり、理想と現実のギャップは埋まりきらないままである。

 女子プレーヤーとして先頭に立ち続けてきた五十嵐ですら自分と同じ想いでいることに驚きつつも、ノルディックスキーとはどこまでも奥が深く、己の現状に満足している選手は1人もいないのではないかと考えさせられた。

 「あと少しでもう1段階上のフェーズに進むことが出来そうなのに」

 そんな今の自分に納得がいってない状態でも、最後のインカレが始まろうとしている。
そんな自分が成せること。試合に出場するからには、僅かな1ポイント、1秒、1mに拘りに拘って試合に臨みたいと考えている。
チームの誰よりも多くポイントを獲得し、2部昇格に貢献する。これが私のインカレでの個人目標である。

 出来ないことを嘆くのではなく、勝ちたいという強い気持ちを常に持ち続けて戦う。尽くせる全力をとにかく出し尽くす。これが4年生として最後のインカレに臨む私の想いである。

 そうして結果を出すことこそが、日頃から私たちを支えて下さるOB・OGの方々やお世話になった人達への恩返しになるのではないだろうか。とにかく悔いのないように全力を尽くしたい。

 

Advertisement

1 comment

  1. Kamo より:

    伊藤君、
    ノルディック競技は「個人の体力・スキル」だけでなく「森羅万象(天気、気温・雪温、湿度、風 そしてコース環境や周囲の自然)を理解する」スポーツです。それだけに奥が深いのですが、一方でこれらを一つ一つを克服できれば大いに伸びるチャンスがあるということです。卒業後はこれを現役に伝えてください。

コメントを残す