捲土重来 / ノルディック班2年 吉田 圭汰

 季節外れの紅葉が散りはじめ、凍てつく風が冬の始まりを知らせてくれる。同時に私の二度目の挑戦が直に始まる。思えば2018年という年は大きな失敗を二度も経験した。インカレ大敗と信頼の喪失だ。

大学生になり、がむしゃらに頑張った一年生の締めくくりに出場させていただいたリレー競技。しかし私一人の力などでは学習院の勝利に貢献もできず、結果三部降格となった。あれほどまでに「自分の無力さ」を悔いたことは無かっただろう。

他班の同期とは異なる、異様なプレッシャーと敗北感を味わったからか、二年生になると仲間意識を忘れ結果に執着しすぎる自分がいた。「頑張ってきたから大丈夫」。そんな一年生の時に抱いていた過程主義の自己評価をぶら下げてインカレに挑みたくないという一心で独り自主練することも増えた。

そんな煮えたぎる勝利欲、結果主義や個人主義、様々な迷いが自ずと言動に出ていたのだろう、先輩や同期の信頼を大きく失う結果となった。

失敗だらけの私を叱責し、やり直すチャンスをくれた先輩方や同期がスキー部にいてくれたことが何より救いであった。
だからこそ自分ではなく、そんなチームのために戦いたいと今は心から思う。人の信頼というのは簡単には取り戻せない。しかし、失敗を重ねた結果得たこの想いや情熱は態度で示していきたい。

上級生になるのは目の前だ。後輩に向けて恥ずかしくない背中と本気を、この冬は見せたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。