最後の挑戦 / ノルディック班4年 望月 史

5月 1st, 2018 by admin Leave a reply »

 いよいよ4月から4年生としての生活が始まった。

大学に入学し、恐る恐るスキー部の部室にお邪魔したのが3年も前のことだと思うと時の流れの速さを実感する。同時に大学卒業まであと1年、スキー部に在籍していられるのもあと1年だけかと気付かされる。今までスキー部で過ごしてきた3年間は良くも悪くもとても濃いものだった。自分の大学生活の根幹となっていると言って間違いない。

 スキー部最後の1年間で自分は何ができるだろうか。
この3年間成し遂げたことも多かったがそれ以上に多くの失敗を繰り返してきた。後から考えて、あの時こうしていれば、、と思い返すことばかりだ。特に去年主将を努めた1年は初めてのことだらけで考えが行動に追いつかなかったり、そのまた逆のこともあったり、よく言えば新鮮で充実していたが実際は様々なことを中途半端に終えてしまった。ただ楽観的かもしれないが確実に自分の財産となる経験を多く積めた。

 4月も後半に差し掛かり、新しい1年生も部活に来てくれるようになった。一般・アルペン班、ノルディック班、マネージャー班とすべての班に最低1人は入部してくれそうだ。数多くある部活の中からスキー部を選んでくれた彼らと供に今年度の新たなスキー部を作っていけたらいいと思う。

 今年は副将として自分は何をすべきか。去年まで主将として、トレチとしてやってきたことを続けることは不正解だと思う。
部活全体において自分の役割、すべき事を前回インカレが終わってから考えた。その結果がノルディック班への転班である。転班の目的はただ1つ、次のインカレで1ポイントでも多くとることだ。それが次のインカレで男子3部総合優勝、女子2部入賞を果たすための礎となるだろう。

 大学生活最後の挑戦を無駄にはしない。

Advertisement

コメントを残す