活動報告 / 一般・アルペン班4年 頼光 竜二郎

4月 7th, 2019 by admin Leave a reply »

 スキー部に入部し、人として選手としての未熟さを知った1年目、自分と向き合った2年目、確かな手ごたえと努力の実りを実感した3年目、自信を胸に後継に繋いだ4年目。

 どの1年間も自分の人生の大事な思い出となった。

 四年前、大学合格と同時にスキー部への入部を決意していた。自分のやり残したアルペン競技人生を大学で再スタートしよう。そんな気持ちだったと思う。自分の事で精一杯だった。

 引退した今、自分の心の中にあるのは、お世話して下さった先輩達の厳しくも優しい言葉、時に生意気な時もあったが自分を信じて付いてきてくれた後輩達の涙、そして苦しい時は励まし合い時にはぶつかりあった同期の笑顔だ。

 最後のインカレを男子三部で迎え、個人で入賞は最低限の目標だと考えていた。しかし結果として賞状を取ることは出来なかった。

 そんな自分が男子総合5位として賞状を貰った時、スキー部からの贈り物を貰ったような気分になった。こんな自分に賞状をくれるのかと心底嬉しかった。学習院大学輔仁会スキー部の一員として、大学生活を過ごせたことは本当に幸せだった。

Advertisement

コメントを残す