卒業を前に / マネージャー4年 五十洲 実咲

3月 22nd, 2017 by admin Leave a reply »

卒業を無事に迎えられ、ホッとしています。
スキー部で過ごした4年間を振り返ってみると、後悔することもなく、引退に際して寂しく感じることも一切なく、自分でも驚いてしまうくらい何もないのが正直な気持ちです。

4年間を決して適当に過ごした訳ではないということを前提にお話を進めます。

スキー部で過ごした1日1日が全力でした。
それ故にやりきった感が出ているのでは、と思っています。

現役時代、時に空回りしたり、上手くいかなかったり、悩んだこともありましたが
その度によく考え、違う方法でアプローチを試みるなど学年が上がるにつれ、良い加減でコントロールができるようになりました。

また考える事の重要さと同時に、深く考えすぎず挑戦してみることも必要だと気付くことができたのもスキー部での経験があってこそです。

スキー部での経験は私を大きく成長させてくれました。
社会人デビューを目前に控えた今、自分の成長を至るところで感じています。

そして、なぜ寂しくないのか。

それは、スキー部がずっと変わらず在るからだと思います。

「いつでも戻ってこられる気がする。」という不思議と湧き上がる自信と、現役だけでなく、OBOGの方々の温かみに触れた4年間の経験、

たったそれだけですが、その2つだけで寂しさを感じられないほど、沢山の人に支えられて現役生活を終えることができた私は本当に幸せ者だと思います。

体育会である以上、もちろん結果にも拘らなければなりません。しかし、現役の皆さんはそれと並行して「人間力」の深さ、「人と人との繋がり」の面白さも感じながら現役生活を過ごしてほしいと思います。好きなことができる上に、人間としても成長できる。この環境は、まさに一石二鳥です。もしかしたらその4年間は誰もが認める努力を重ねても中々結果が思うように出ず、失敗体験ばかりと感じる現役もいるかもしれません。それでも「人間力」や「人と人との繋がり」が実る日、成功体験は必ず訪れます。決して諦めず、4年間やり切り、自分だけの宝物を見つけて欲しいと思います。

私の宝物は1番に「人と人との繋がり」、その次に「自分自身の成長」です。どちらも一生ものの大切な宝物です。色々なこともありましたが、その都度多くの人に支えて頂きながら、この日を迎えることができました。いつか私も支える側になることを目標に、新たな場所で頑張ります。

4年間本当にありがとうございました。

Advertisement

コメントを残す