一年目を終えて

9月 14th, 2011 by admin Leave a reply »
ノルディック班2年 川野 雄貴
 昨年の四月、偶然の重なりにより、私はこの輔仁会スキー部に入部した。それから早くも一年が経ち、私は二年生になった。この一年間は本当にあっという間だった。振り返ってみれば、すべてのことがつい最近のことのように思える。それだけ充実した一年だった。ここまで充実した時間が過ごせたのはスキー部だからこそだと思う。私はこの部活で感じたのは部員同士の仲が良い、横のつながりはもちろん、特に、縦のつながりが強いということ、先輩と後輩との距離がとても近いということだ。

 私は中学・高校と野球部に所属し、活動していたが、正直なところ先輩というのは畏れ多い存在だった。しかし、スキー部の先輩方はとても近い存在で、一緒に食事をしたり、休日は一緒に遊ぶこともあった。そのため、先輩方と話す機会も多く、すぐに部活に馴染むことができた。そんなことは野球部時代には考えられなかったことである。

 長い冬の合宿期間もスキー部ならではだと思う。十二月から二月までの間、合計すれば二ヶ月以上の時間を部員と寝食を共にする。そして、毎日一つの目標に向かって練習する。これだけ長い期間を一緒に過ごせば、部員同士の仲も自然と深まる。そのため、ただ単に部員同士の仲が良いというわけではなく、何か絆のようなものができるのではないかと私は感じた。そんな中で、昨季の私の目標は競技で結果を出し、スキー部に貢献し、先輩方への恩返しをすることだった。そのため、インカレで二部残留に貢献できたということにより、目標は達成できたと思う。

 今季は三つの目標がある。一つ目は、今年は二年生となり、後輩ができるため、私たちに先輩方がしてくれたように、まずは後輩の過ごしやすい雰囲気を作ることである。二つ目は個人的なことであるが、昨季は後期に怪我をし、思うようにトレーニングができずに悔しい思いをしたので、怪我をしないこと、怪我をしない身体作りを心がけることである。そして三つ目の最大の目標はやはり、二部残留である。これは私だけでなく、今季の部全体の目標でもあるだろう。しかし、この目標は先輩が抜け、事実上、ノルディック班男子が私と吉野だけとなった今、昨季よりも達成が困難である。そのため、私たちは昨季以上に努力し、卒業した先輩の穴を埋めなければなければならない。そう簡単なことではないが、同期と協力し、特に吉野とは、ノルディック班を引っ張る、いや、部全体を引っ張っていくつもりで頑張っていこうと思っている。「先輩方への恩返し」のために。

Advertisement

コメントを残す