スキー部を1年間振り返る。 2年生に向けての抱負。

4月 28th, 2010 by admin Leave a reply »
ノルディック班2年 田中 美都
 私は大学生になって、スキーをしたかったというわけでもなく、ましてや運動部に所属する気も全くなかった。雪がほとんど降らない埼玉県育ちの私が、どうしてスキー部に所属することを決意したかというと、部活の雰囲気が他団体に比べよかったからである。練習中は良い緊張感に溢れ、一方で練習が終われば、みんなで和気あいあいと部室で談笑したり、ゲームをしたり。私にとってスキー部はとても居心地がよく4年間このメンバーと一緒に過ごしたいと思ったのが入部したきっかけである。確かに、スキー未経験だった私は、技術面に関して多少の不安を覚えることはあったが、それ以上にここにいたいという気持ちが強かった。

 そんな理由で入部したわけなのだが、練習は思ったよりハードだった。高校時代は文化部に所属していたため、運動部の要領が全く分からなかった。しかし、わからないながらも練習をこなし、冬になりシーズンを迎えた。実際に雪上にたってみると、はじめは新しいことばかりで滑ることが楽しかった。しかし、先輩との個人レッスンが終わり、ひたすら1人で滑るようになると練習時間が以前より長く感じられるようになった。起床→練習→就寝という単調な生活にも疲労も溜まってき始め、合宿に嫌気がさしたことが何度もあった。そんな中で初めての大会が行われた。ノルディック班の先輩が好成績を残しているのを見て、私も先輩みたいにもっと上手くなりたいと思い、インカレに向け練習を再開した。

 でも、変わらない生活にやっぱり飽きている自分がいて、また、上手く滑れない苛立ちもあり練習に完全に集中することができていなかった。1月も中旬になり、中途半端な状態でインカレを迎えてしまった。結果は散々であった。このような結果になることはわかっていたのに、やるべきことができなかった。一方で、やはり先輩は大活躍を見せた。多くの競技経験者がいたにも関わらず、その中で先輩が銀メダルを獲得したことは私に大きな衝撃を与えた。私は先輩が練習後も1人で滑っていたことを知っていたし、朝早く起きて走っていたことも知っていたし、どれだけ競技に懸けていたかも知っていたので、先輩がメダルを取ったと知った時は、本当に嬉しくて涙が出そうになった。練習に嫌気がさしていた時は、なんで先輩はあんなに練習しているんだろう、とか、どうしてあんなに一生懸命なんだろうと思っていたこともあった。でも、自分を追い込み、きちんと成績を残している先輩を見たとき感動したと同時に、憧れが一層強くなった。

 やっぱり、先輩みたいになりたい!これが私の今年の抱負である。先輩に追いつくことはできないかもしれないが、少しでも近づけるように、先輩が私に教えてくれたことを今年度の活動に生かしていきたい。最終的には表彰台の1番上に立てたらいいなと思う。

Advertisement

3 comments

  1. この時点で|この場所で| により私は共有するつもり 私の家族を通してと友人。
    オークリー サングラス 人気 http://bakertimberproducts.com/data/oakleyoutlet.html

  2. Khatia より:

    You have the monopoly on useful in’ntmarion-areoft monopolies illegal? 😉

  3. 匿名 より:

    I delight in, result in I discovered exactly what I
    used to be looking for. You’ve ended my four day lengthy hunt!
    God Bless you man. Have a great day. Bye

コメントを残す