一般・アルペン班トレチとして / 一般・アルペン班3年 望月 史

10月 13th, 2017 by admin Leave a reply »

 今年のアルペン班は非常に人数に恵まれた。
経験者も多く入りインカレでの枠争いは熾烈な戦いとなるだろう。陸トレにおいても4月とは比べ物にならないくらい成長した人もいる。

 ただどうしても陸トレに対しモチベーションが上がらず辛い部活というものを過ごしている部員もいる。自分も1年生の時からスキーをすることにモチベーションを保ってきた。やはり1年生にとってはこの陸トレの期間とは3年生である自分が思っているものよりはるかに永く感じるものなのかもしれない。

 自分がアルペン班に求めたいものは自分がアルペンスキーをしているプライドである。
それは“自分はアルペン班だからノルディック班のような練習はできない”というプライドではない。冬に100%、アルペンスキーをするために“がむしゃらにオフ期間を乗り越えてやる”というプライドだ。
 冬を目前に部員には陸トレに関して未練を残したままにはしてほしくない。自分としても、トレチとしてここまで粘り苦しんできた半年間の上に積み上げられた意地とプライドがある。

 夏、辛いオフトレに挫折して冬前にギブアップするなどスキー部としてはただの笑いものでしかない。自分が何のためにこの部活に在籍し、何のために誰も望みもしないようなつらく厳しい練習を日々こなしているのか。自分の場合その答えは冬にスキーをするためだ。冬スキーをするためならどんなつらい夏でも喜んですごしてやる。というような強い貪欲さ、精神を1年生はじめ、部員には今一度持ってもらいたい。

 冬までもう1か月半とない。あと残された期間で自分ができることは何なのか、冬スキー場に立ってから後悔しないように全力で今できることをしていこう。

Advertisement

コメントを残す