2年目のトレーニングチーフ / ノルディック班4年 赤司 凌

10月 13th, 2017 by admin Leave a reply »

 3月、肌寒い曇り空の中行われた幹部交代式。
「ノルディック班トレーニングチーフ 赤司凌」
この言葉を聞いたとき、昨年度の出来事が一瞬にして頭の中に浮かんだ。

 初めてトレーニングチーフに任命され、自分がこのノルディック班を引っ張っていくんだと胸を高鳴らせていたものの、チームメイトを良い結果に導くこともできず、挙句には自身すら部の足を引っ張るような結果の連続だった。
冬の最終目標として掲げていた「2部残留」は果たしたが、ただ運がよく残留させてもらえたようなものだ。

 誰から見ても、昨年度は成功の年とは言えない。今まで先輩たちが築き上げてきたスキー部を自分の手で壊してしまったような気がした。
二度とこんな思いはしたくない。

 2年目のトレーニングチーフ、再びチャンスをもらった。
今、試行錯誤しながら、3年生を主体に、部を運営している。
そのなかで、トレーニングチーフとは何か、何ができるのか、昨年度より一層考えるようになった。

「常にトップに立ち、チームを鼓舞する。」
これが私の思うトレーニングチーフの形である。
みんなよりただ少しだけ足が速いだけの私にできることは、結果でみんなを引っ張ることしかできない。それしかできないからこそ、そこでは負けてはいけない。必ずトップとしてチームの底上げをしてみせる。4年生トレーニングチーフの意地として、4年間の集大成として。

 私のスキー部人生も残り半年となった。
やれることをやりきり、後悔のない終わりを迎えたい。
引退まで全力で突っ走る。

Advertisement

コメントを残す