スキー部に入部した理由 / 1年 山本 章太

5月 26th, 2017 by admin Leave a reply »

 失礼します。今年度からスキー部に入部させていただきました、理学部物理学科一年の山本章太と申します。
 出身校は学習院高等科で、三年間スキー部に所属しアルペンスキーをしておりました。アルペンスキーは高校から始めましたが、それまでは野球をしており、個人でスキーのバッジテストを受けたりしていました。

 そもそもアルペンスキーを始めた理由は、高等科に進学した時野球をやめ、今までやってきた基礎スキーを個人で続けるか、スキー部に入部してアルペンスキーをするかで悩み、アルペンスキーを始めるタイミングは今しかないだろうという結論に達した為でした。
 高等科スキー部では高二の時に関東大会に出場することができ、その他の大会でも前年に比べて成長が実感出来るような成績を収めることができました。また、アルペンスキーを始めた事で、基礎スキーをしていた時とは大きく滑りが変わりました。
 しかし高三の時、夏休みに練習も勉強もせず、二回ある内部進学の為のテストのうち、一回目のテストで悪い点を取り、一月にある二回目のテストの勉強の為に合宿も行かず、インハイ予選にも出ず、他の大会でもひどい結果となりました。このシーズンほど過去の自分の行いを反省した事はありませんでした。

 それでもどうにか内部進学のテストを乗り切ることができ、大学に進学することができました。大学ではスキー部には入らずに基礎スキーでもしようかと、半ばアルペンスキーを放り出したようなつもりでした。
 そんな時に、高等科スキー部でお世話になった望月先輩から大学のスキー部へのお誘いを受けて改めて考えた時に、このままアルペンスキーを中途半端にやめてしまったら悔いが残るのではないか、そう思ったのです。

 新歓初日に部室を訪れると、既に二人の同期が入部を決めていました。先輩方も暖かく迎えてくださり、このスキー部で頑張ってみようと決めて、両親にスキーを続けさせて欲しいと頼みました。二つ返事でスキーを続けさせてくれる両親には感謝しきれません。

 物理学科ゆえ授業が大変で、かつ厳しい練習で心身ともに辛いですが、自分を追い込み、自分に勝てるように強くなりたいです。精一杯頑張りますので、どうか宜しくお願いします。

Advertisement

コメントを残す