トレーニングチーフとして / 一般・アルペン班3年 安藤 俊太郎

10月 22nd, 2016 by admin Leave a reply »

 4月に始まった陸上トレーニングも残り1か月となり、秋の気配を運ぶ冷たい風を朝練に向かう中感じると冬がもうすぐそこに来ていることにはっと気づかされる。今日までの陸トレ期間数か月をあっという間に感じるのは本年度一般・アルペン班のトレーニングチーフを任されているからなのかもしれない。

 1年生の頃より「自分がトレチになるかもしれない」というのはアルペン班の人数的状況からして心の片隅では意識していたが、いざ幹部交代式で任命されると、スキーをろくにやってきたわけでもなく、体力、筋力が優れているわけでもない、高校までに様々なトレーニングをしてきたわけでもない自分がチーフになることへの不安は小さなものではなかった。

 しかし言い返せば、スキーをろくにやってきたわけでもなく、体力、筋力が優れているわけでもない、高校までに様々なトレーニングをしてきたわけでもない
自分でも、トレーニングにおいて前に立ちみんなを引っ張っていく経験ができるというのは幸いなことである。その様に考えると、その不安は「やってやるぞ」という気持ちにかわった。

 今シーズンの男子の目標は2部残留である。
その目標に向けて良い練習になったと振り返られるような陸トレ期間にするべく、残りの練習時間を組み立てていきたい。またシーズンでは誰よりも多く雪上に立ち合宿を引っ張り、トレチとして部の力になるつもりだ。その心構えは出来ている。

Advertisement

コメントを残す