打倒、鹿角。 / 一般・アルペン班2年 小山 かやの

2月 24th, 2016 by admin Leave a reply »
 スキー部に入部してからまもなく2年、大学生活も折り返し地点を迎えようとしている。今シーズンが終われば上級生となり部を運営していくと同時に、女子プレーヤー最上級生としてトレーニング面でも後輩たちを引っ張っていかなければならない。そのような中で私が二度目のインカレで目指すべきものは一つしかない。それは、”ポイントを獲得し、部に貢献すること”である。

 昨年のインカレでは、SLでギリギリポイント圏内の30位に滑り込んだ。しかし部に貢献できたのはわずか1ポイントだけ。しかも速報では31位でポイント圏外にいたにも関わらず後から審議の結果失格者が出たため繰り上がっただけであり、自分の実力で勝ち取った結果とは思えず不完全燃焼のままインカレを終えた。
 そんな雪辱を晴らすために、私は今現在行われている2月の菅平合宿に真剣に取り組んでいる。大学は1月がテスト期間であり、特に下級生はそれが終わるまでは長期合宿に入ることができない。本当にスキー技術を伸ばすことができる最も大切な時期はこの2月しかないと私は考えている。スキーのことだけを考えることができるこの期間に、コーチからのアドバイスを自分の頭でよく考え実践し、どれだけの技術を習得することができるのか。鹿角に向け、今の自分への具体的な課題は分かっている。それを残りの期間でいかにしてどれだけ克服できるか、それが鍵となってくるだろう。

 日々練習していく中で何度も何度も壁にぶつかる。それを乗り越えていくためには、まずはスキーというスポーツを楽しむことを忘れてはならない。そしてそれと同時にただただ上手くなりたいという気持ちだけでなく、自分がいつどのような結果を残したいのかという明確なビジョンを持つことによってステップアップすることができるのだと思う。

 2度目のインカレという大きな壁は、もう目の前まで迫っている。この壁を乗り越えられる力を、自分は持っているはずである。あとは自分を信じて胸を張り、自信を持って鹿角に挑みたい。

Advertisement

コメントを残す