応援

5月 13th, 2011 by admin Leave a reply »

先日、今シーズン第1回目となるタイムレースの応援に行きました。
気が付けば卒業して9年、最後にタイムレースの応援に行ったのは確か7、8年前で、現役部員の大半の顔が分かる頃だったと思います。
この9年間で結婚、2児の出産・子育てと忙しく、雪桜会や壮行会にもほとんど参加
できていませんでした。そして現役部員の顔が1人も分からなくなり、ますます足が遠のいていました。

そんな中、私の2期先輩で、現アルペン班コーチの田村さんの呼びかけで約10名のOBOGがタイムレースの応援に駆けつけました。
今年は近年で最大となる9名の新入部員が入部すると聞いていたので、とても楽しみにしていました。

当日、聞きなれた活気のある準備体操の掛け声や、出走前の緊迫した空気がとても懐かしく感じられました。
そして出走。天候はあいにくの雨でしたが、現役部員の真剣な表情を見ていたら、自然と応援の声も大きくなっていき、声が枯れるまで応援しました。
新入部員は初めてのタイムレースにペース配分が上手くできず、後半ではペースダウンする場面も見られました。しかし全員が最後まで諦めることなく、完走した姿を見て、今後の過酷な陸トレやシーズン本番を乗り越えられると実感しました。

思い起こせば、タイムレースや夏合宿、クロスカントリーの試合など様々な辛かった場面にはいつも監督やコーチ、OBOG、先輩、同期、後輩など存在がありました。
私たちOBOGなどの応援が現役選手に与える力の大きさを知っていたはずなのに、卒業後はほとんど顔を出していなかったことをとても申し訳なく感じました。

現役の皆さん、応援は選手の背中を押す大きなパワーになります。タイムレースで一生懸命走ることは当然のことですが、自分が出走していないときは、走っている選手のことを一生懸命応援してあげてください。

スキー部に足が遠のいているOBOGの皆さん、同期や先輩後輩を誘って、ぜひ一度タイムレースに足を運び、応援してあげてください。

私も現役部員に忘れられないうちに、また顔を出したいと思います。

————-
平成14年卒 ノルディック班 谷川 かほり(旧姓 北島)

Advertisement

コメントを残す