3度目の夏合宿 / ノルディック班 3年 市川 真衣

8月 29th, 2018 by admin Leave a reply »

 着々と夏合宿が近づいている。
今年は上級生になり、部を運営していくという立場で部活を少し客観的に見るようになった。幹部交代式を行い、入ってくる部員もいれば去っていく部員もいる。毎年変わっていくスキー部がどのような状態が最も良いのか。自分のスキー部での存在意義や、どのような存在になったらこの部活のためになるのかなど悩んだ。

 その結果、今年は結果で見せるということをしようという結論になった。
タイムレースの結果や日々の練習でのタイムなどである。やはり先輩として後輩に何かを言う前に結果を出してからでないとついていかない。結果を出している人に後輩はついていくと感じ、自分にもそうしてくれた先輩のように偉大な先輩になりたいと思った。

 正直去年まではメニューをこなすことで精一杯だったが、今年は上級生として女子を引っ張っていく、また引き上げていかなければならない。
女子は男子に比べて人数が少なく男子の影に隠れてしまうこと、女子だからとメニューの回数やタイムなどが男子より少なくても当たり前ということが自分の中ではとても悔しい。男子に負けない力を持つことは可能であると思うので、男子と走っても負けない体力をつけたい。また女子全体でタイムを上げ、男子に負けない存在感を出したい。

 夏合宿では3年生が1人という状況の中、自分で判断して行動することが増える。上級生としてメニューは全て設定タイムでこなし、生活面でも今まで以上に責任をもって3度目の夏合宿を過ごしたい。

Advertisement

コメントを残す