終わりを迎えて / ノルディック班4年 赤司 凌

4月 4th, 2018 by admin Leave a reply »

 「君、スキー好きそうだね!」
そう言われながら腕を引かれ、あの部室に導かれたのが、私の学習院大学スキー部としての人生の始まりだった。その時は、こんな素晴らしい4年間を過ごすことができるとは、夢にも思わなかった。

 先輩の背中をがむしゃらに追いかけ、そんな背中に憧れた1、2年生。上級生になり、責任感というプレッシャーに苦しんだ3年生。唯一の最上級生になった4年生。ただただ順風満帆な4年間ではなかった。
 しかし、思い出すのは、楽しかった思い出ばかりだ。それは、私のことをずっと支えてくれた周りの人たちのおかげと思う。叱咤激励し、いろんな場面で力を貸してくださったOB、OGの方々。私のことを優しく受け入れ、今までついてきてくれた後輩たち。心折れそうなときも、支えてくれる人がいたから頑張れた、楽しかった。
 この文章を書きながら何度、まだみんなと部活がしたい、まだみんなと一緒にいたいと思ったことだろうか。残念なことにそれはもうできない。今度は卒業生として、後輩たちにできることを探し、恩返ししていきたい。

 スキー部に入らなかったら、どんな大学生活を送っていただろうか。憧れた先輩のような背中を後輩に見せることはできただろうか。少しでもスキー部の力になれただろうか。終わりを迎え、振り返るといろんな思いが、頭をよぎる。その答えを確かめることはできない。ただ言えることはこのスキー部に入って、スキー部に携わる方々に出会えて、本当に幸せだった。学習院大学スキー部の一員だったことを誇りに社会人という新たな舞台で頑張りたいと思う。

 最後に、学習院大学スキー部に携わる皆さまに感謝申し上げたいと思います。
 4年間ありがとうございました。

Advertisement

コメントを残す