主将として / 一般・アルペン班3年 望月 史

3月 7th, 2018 by admin Leave a reply »

 もうじきインカレが始まる。
 我々スキー部にとっては大きな目標としてきた大会の1つであり1年間、いや2年生にとっては2年間、3年生にとっては3年間、4年生にとっては4年間の集大成となる場である。それぞれが、それぞれの思いを胸に、重さをもって挑む大会だ。自分は3年目で、最後の大会ではないが今大会は特別なものになる。3年生でありながら主将に任命され同時にトレーニングチーフをこなしたこの1年間は一言で表せるものではない。泣き言をいうわけではないが、辛いと感じたことは少なくなかった。

 実際に自分が主将となり、今までの主将だった先輩方の背中の大きさを改めて実感した。自分は後輩にそんな背中を見せられた主将だったのだろうか。仮に来年度、自分が主将になることがあっても今年度このチームで主将として過ごすことはインカレが終わってしまえばもう2度とない。

 後ろを振り返れば、この1年間でやりきれなかったこと、後悔や、思い残しは自分の中にたくさんある。しかしそれは今考えるべきことではないだろう。インカレという大舞台を前に自分ができること、主将としてすべきことは健気にも前に進み続けることだと思う。それは自分が引っ張る学習院大学輔仁会スキー部のためでもあり、自分のためでもある。

 インカレはいい思い出を作る場ではない。
 1年間積み重ねてきたものの成果を発揮する場であって必ずしも、それがいい結果になるとは限らない。自分が主将として1年間行ってきたこと、努力してきたこと、全ての結末が次のインカレでは露わになる。

 最後に、結果はまだわからないがここまで辛いことが多い中、ついてきてくれた部員達には心から感謝したい。今のメンバーでインカレを迎えられることが何よりも嬉しい。それぞれが今まで積み重ねてきたものを存分に発揮できる大会になることを願うばかりである。

Advertisement

コメントを残す