二年目の冬 / ノルディック班2年 市川 真衣

12月 16th, 2017 by admin Leave a reply »

 2年目の冬がようやくやって来ました。
 今年は去年と様々なことが変わりました。新歓で、一年生10人という近年稀に見る多くの部員が部活に加わり、一気に部活が活気付きました。その一方、二年生はというと同期が3人やめていき、新たに一人の同期が加わりました。去年と部員の半分以上のメンバーが変わり、部活の雰囲気も変わりました。

 去年は予想もしていなかったことがたくさん起こりました。わたし自身、練習において去年とは気の持ちようが変わり、去年は先輩につ追いつこうという気持ちで引っ張ってもらっていましたが、今年は先輩についていくだけではなく、わたしが女子を引っ張らなければ、活気づけなければいけないという思いがありました。

 この部活に入って学んだことは数知れずあります。
そんな中で最近身に染みて感じたことは、人生何が起こるか本当にわからないということです。予想もしていないことが起こるのが人生です。何が起こっても自分の軸をしっかり持ち、動じないということを学びました。また、やらなければならないことはすぐに始めるということです。

 去年の冬は、初めてのノルディックという競技、初めての長期合宿で、辛いことも多かったですが、夏に陸トレで鍛えた精神力と体力でなんとか乗り切りました。去年は全員がリレーに出ることができるという恵まれた環境だったのですが、今年は状況が変わり、女子はリレーで枠争いがあるため、気を抜いてはいられません。

 必ず今年の冬で成長して東京に帰ってこられるように努力を怠らず、合宿生活を過ごしていきます。

Advertisement

コメントを残す