前期を振り返って / マネージャー1年 原 友梨奈

9月 1st, 2017 by admin Leave a reply »

 入部させていただいてからあっという間に前期が終わり、気が付けばオフ期間も終わりを迎えようとしています。夏合宿を目前に控える今、前期を改めて振り返りたいと思います。

 学習院大学に入学してから、まだそんなに月日は経っていないように感じますが、悩むこと、悔しいこと、楽しいことなど様々なことがありました。そしてそれらを振り返ると、それらの多くはスキー部で得た感情です。
 全力で取り組める環境であるスキー部に所属させていただいているからこそ、日々の生活の中であまり出すことができない、感じることのできない全力をスキー部で出させていただき、感じさせていただき、短い前期という中で多くの感情を得ることができました。これからもっと多くのつらいことがあると思いますが、つらさに負けずに乗り越え、成長できる自分になりたいです。

 早起きや人前で大きな声を出すことが苦手で、筋力も体力もない私は、スキー部に向いていないかもしれません。しかし、前期を通して、だからこそこのような環境にいさせていただけることが自分にとって貴重で大切であると思いました。
 部活動では、失敗して先輩方にご迷惑をおかけしたり、自分が出来ることの範囲がまだまだ狭くすべきことをこなせなかったり、思ったことを行動に移せなかったり、至らない点が多すぎるというのが現状です。このままではいけないということを強く感じております。オフ明けの練習から、気を引き締め、前期で得た多くの反省を生かして行動したいです。

 オフ明けの練習、夏合宿、そして後期に向け、自分に厳しく日々精進してまいります。

Advertisement

コメントを残す