3年目のインカレ / 一般・アルペン班3年 安藤 俊太郎

2月 21st, 2017 by admin Leave a reply »

 3回目のインカレまで残された練習期間は残り僅かである。今シーズンは今までになく充実したシーズンとなっていると自信を持って言うことができる。
 昨年まではシーズン初めが12月の北海道合宿であった。今年は夏のプラスノー、11月のフリースキーなどの基礎的なトレーニングをしっかりと行うことができた。それが実践的なゲートトレーニングに於いても活きてきていると思う。

 今季は1年を通して同じコーチに見てもらっている。フリースキーを通してコーチに提示された滑りのテーマを自分の中で理解し、ゲートの中でそのテーマに近づけることができたのも今シーズンの大きな収穫だ。また今練習しているチームには他大の選手や高校生が多くいる。その中に負けたくないライバルを定めてタイムを競い合うことで一本一本集中した滑りができ、闘争心をもって日々の練習に取り組めているのも成長につながっていると思う。

 前回のインカレまでは下まで滑りきるだけで精一杯であった。だが今回は違う。滑りのレベルが上がったのは勿論だ。
 しかしそれ以上に部の一員として少しでも力になりたいという気持ちは誰よりも強い。冷静に考えて今自分が一番ポイントから遠いことは十分理解している。だがトレーニングチーフとして情けない姿を見せたくはない。前回はGS、SLともに完走できなかった。今年は自分の滑りをし、ただ滑り降りるだけではなく今シーズンの練習の成果を発揮できるように残りの数日練習に励むつもりだ。
 そしてあの大舞台で2部残留の喜びを部員全員で分かち合いたい。

Advertisement

コメントを残す