スキー部に入部した理由と今後の目標 / 1年 足羽 諒介

5月 25th, 2016 by admin Leave a reply »
 
 失礼します。ノルディック班希望、文学部哲学科1年の足羽諒介と申します。今回はスキー部に入部した理由と、今後の目標などについて書かせていただきます。

 スキー自体は両親がスキー好きであったため、幼少の頃から冬になると毎年スキー場に連れて行ってもらい滑っていました。ただ、あくまでスキーは趣味の一環として続けていただけで、本気でやろうとは思ってもいませんでした。というよりも元々運動が好きではなく、小学校の昼休みも校庭に出て何かするというような子ではありませんでした。
 しかし、中学に入学してなんとなく入部した陸上部で本気でスポーツをする楽しさや、思うような結果が出ない時の悔しさを知りました。また、相手よりも速くゴールするだけという単純なルールのスポーツが、こんなに面白いものなのかという驚きもありました。

 そして、大学に合格してなにをやろうか考えた時、趣味ではあったけれども、最も長く続けてきたスポーツであるスキーでもう一度、一分一秒を争う面白さを味わいたいと思ったのがスキー部に入部した理由です。
また、部の雰囲気も入部した理由の一つです。辛い練習の時こそ声出しを行い、励まし合って部員全員で乗り越えていく姿に魅せられました。

 本入部してからまだ数週間しか経っていませんが、体育会系の部活の厳しさをひしひしと感じております。そんな中で自分の改善しなければいけないところが見えてきました。
 その中の一つに先程挙げた声出しがあります。部内を盛り上げなければならない自分たち一年生が声出しを疎かにしてしまっているので、これからの練習ではしっかりと行いたいと思います。その他にも一年生が率先してやらなければならないことで疎かになっていることがあるので、そちらも気をつけていきたいです。
 そして、早起きも自分にとって大きな課題です。大学生活に慣れてきた今だからこそ、もう一度気を引き締めて生活習慣の改善に努めたいと思います。
 また、練習では自分は筋トレや体幹トレーニングが苦手なことがわかりました。練習の最後の方になると先輩方についていけなくなってきます。その事を踏まえて、自分の今年の冬までの目標は、陸上トレーニングにおいて先輩方との練習にしっかりとついていくことに決めました。そのため、自分の苦手な部分を早めに見つけて、自主練習でその足りない分を補うようにしていきたいです。

 最後に、スキー部に入って変わり始めたと思うことがあります。
 それは自分への厳しさです。やらなきゃいけないことを後回しにし、何でもギリギリでこなしてきた自分が、少しずつですが余裕を持って行動するようになりました。まだこれから色々な公式行事などがあり、学ぶことが多いと思いますが、今やらなければならないことをしっかりとこなし、スキー部の一員であるという自覚を持って何事にも全力で取り組んでいたいと思います。

Advertisement

コメントを残す