4年間、スキー部で過ごした日々 / 一般・アルペン班4年 石川 広基

3月 24th, 2016 by admin Leave a reply »
 
 部活を引退し、社会人になるまで残された時間も僅かなのですが、実感が湧きません。それほど大学生活の中で「学習院大学輔仁会スキー部」の存在が大きかったということが、部活を引退してから気付きました。
 4年間を振り返ってみると、上手くいくことが少なく、辛かったことや後悔が多かったと思います。何度もスキー部を辞めようとも考えました。それでも4年間スキー部を続けることが出来たのはOB・OG方のサポート、同期の支え、可愛い後輩たちがいたからだと自信を持って言えます。先輩や同期、後輩とぶつかることもありましたが、今ではそれを笑って話すことが出来るので良い思い出です。

 スキー部のメンバーは一人ひとり違う個性があり、毎日が楽しかったです。だからこそ、この4年間を楽しむことが出来たのではないかなと思います。私は同期の中で唯一の一般・アルペン班だったのですが、可愛がってくれる先輩や慕ってくれる後輩もいて、寂しい思いをすることなく、充実した4年間を過ごせることが出来ました。

 最後にこの4年間を過ごして思ったことを言いたいと思います。
 前述のようにスキー部での4年間は上手くいくことが少なく、辛かったことや後悔が多かったです。このように卒業してみないとわからないことがあります。だからこそ、現役にはその一瞬を、その一日を、その一年を大切に過ごしてもらいたいです。時間は戻すことが出来ません。更に、後悔よりも辛いものもありません。

 スキー部で過ごした4年間は私にとって、かけがえのない思い出です。今まで支えてくださったOB・OGの方々、お世話になった先輩方、慕ってくれた後輩、本当にありがとうございました。これからはOBとして、一社会人として「学習院大学輔仁会スキー部」に関わっていけたらと思います。

 以上です。失礼します。

Advertisement

コメントを残す