かけがえのない経験 / ノルディック班4年 山岸 由芽

3月 24th, 2016 by admin Leave a reply »
 
 週に4、5回の練習、そして年2ヶ月超えの長期合宿。時間として考えると、大学生活の大半の時間をスキー部に捧げました。けれど終わってみて思うことは、それが間違いなく私の学生生活を支えてくれていたということです。

 内部進学をして大学に上がった時、体育会の部活動に所属することしか考えていませんでした。厳しい組織に身をおくことで、自分をある程度縛りたいと思ったからです。これは言い換えれば、全く自由な世界に自分を放り出す勇気が無かったからかもしれません。そして中でもスキー部を選んだ最大の理由は、親近感と主体性を強く感じたからでした。

 私は初等科時代に一般合宿に数回参加させていただいた経験があります。あの頃から、私の中で大学生といえば、あのスキー部のお姉さんお兄さんたち。楽しくて優しくて素敵な集団な印象がありましたし、新歓シーズン特有の各部会の良いところばかりしか伝えられない中で、ここは信頼できる組織だと思いました。
 言ってしまえば、なんとなくで入部を決めましたが、今4年間をやり遂げて、この組織で大学生活を過ごせてよかったと思えます。不屈の心で努力し続ければ成果が出ること、また難しく辛い局面では、その努力した自分や仲間を信じることで乗り越えられることを学びました。
 やはり週4日の朝練、規律正しい長期合宿、体力の限界を超えた厳しいメニュー、少ないチームメイトとの価値観の共有など、楽しいだけでは済まされないことも多くありました。しかし、そうした出来事一つ一つと向き合ったことで、人間として少し大きく、強くなれたように思います。

 この4年間での部活動以外の場から受けた感動や楽しかった経験・思い出は、これからの私の活力になると感じています。ですが、スキー部での経験は、これからの人生で壁にぶつかった時に、それを乗り越える最大の力になると感じています。4月からは社会人として激動の日々を迎えることになりますが、スキー部での経験を自信に、臆せず様々なことにチャレンジしていきます。

 私のかけがえのない4年間を支えてくれたスキー部、本当にありがとう。

Advertisement

コメントを残す