前期を終えて変わった自分

8月 9th, 2015 by admin Leave a reply »
ノルディック1年 伊藤 慧
 失礼します。ノルディック班1年の伊藤慧です。今回は自分が学習院大学スキー部に入る前と今現在の自分を比べて変わったことについてお話させていただきます。

 入部する前といえば自分は中学、高校と卓球をしていました。
 練習は毎日ありましたし走ることも少なくはなかったのですが、やはりやってみるとスキー部の練習のほうが断然ハードでした。走る距離の長さも増して正直ついていける気があまりしていませんでした。
 それでも明らかに自分よりも速い先輩たちが自分にペースを合わせて走ってくれていたので前期の練習を乗り越えることができました。たしかに最初の頃に比べてみればタイムも上がりましたし走り方も改善できたと思います。

 ただこうやって先輩方が自分に合わせて走っているあいだは部全体の力は伸びていきません。前期のトレーニングを経た自分に満足することなくさらなる向上が必要になってくると思います。身体面でいえば自分の能力が上がれば一気に部活全体の力が伸びていき、冬の結果につながってくることは自覚しています。ですので、そういう責任感も踏まえて今年の夏は自分をどれだけ鍛えていけるかが鍵になってくると思っています。

 そしてもう一つ、自分の中で変わったと思うことがあります。それはメンタル面に関することです。基本的に一度やると決めたことは途中で投げ出すのが嫌いなので昔からそのようなことはしたことがないのですが、スキー部に入ってから更にそういう気持ちが強まったと思います。
 練習の最中もどれだけ辛いときに頑張れるかが結局一番大切なことであり、そんな局面を乗り越える度に色々な意味で強くなれているという実感が湧いてきます。部活で鍛えた根性は私生活でも非常に役に立っていてバイトをやっていてつらい時でも自分の仕事を最後までこなせるようになりました。

 さらにこれはあまり関係のないことかもしれませんが、朝の早起きができるようになったことと時間の使い方がうまくなったと思います。
 このままではいけないと思ってはいるのですが自分はわりと強制されないとやらない人間なので遅刻してはいけないという状況にいることがひとまず今の自分には合っていると思いました。早起きを続けていたおかげで部活とは関係ない用事の時にも起きられるようになりましたし、健康的な生活を送れていて良いと思います。
 また、早起きをすることで自分の1日の長さが伸びて使える時間が増えるということも身につけました。授業が終わった夕方に練習をしていては使えなかった時間が早起きをすることで使えるというのはとても自分にとって得であると思います。
 今は夏休みで練習はありませんが、自分でトレーニングするときは絶対朝やるようにしていますしそうすることで充実した毎日を送れているという点は入学前の自分の生活とは大きく変わった点だと思います。

 そして最後に自分は今まで自分にとって甘い生活を送ってきたと思っています。基本的に考えることはどれだけ楽をしてその場を乗り切るかでした。しかしながらスキー部に入ってから徐々にではありますが自分に厳しくしていける人間にならなくてはこの部活ではやっていけないのだと思い始めました。正直今もまだ自分に甘いところは多々ありますがより一層自分に厳しい生活を送っていこうと思っています。

 以上です。失礼します。

  

Advertisement

コメントを残す