半年前の自分、半年後の自分

10月 6th, 2014 by admin Leave a reply »
一般・アルペン班1年  小山 かやの
 入部してからもう半年が経ってしまった。
 振り返ってみると長いようであっという間だった気がする。きっとこの大学4年間もあっという間に過ぎていくのだろう。

 大学に入ってまさか自分がまたスキー部に入部するとは思ってもいなかった。スキーは好きであったが、体育会に入って厳しく苦しい練習をしながらまで本格的に続けたいとは思っていなかったからだ。しかし先輩方に”絶対楽しいから一度部活に来てみないか”とお声をかけて頂き実際に部活に出てみると、厳しい練習ではあると思ったが、その中に楽しさもあるということを知った。
 そんな部活の雰囲気の良さに加えて先輩方の優しさや、4年間一緒に頑張りたいと思うことのできる同期の存在もあり、入部することに決めた。

 ランが中心のスキー部のメニューは、半年前の私にとってかなりきついものだった。走ることは嫌いではなくむしろ好きであったが、スキー部の走り込みの多さからその走ることすら嫌いになってしまった。しかし、その一方で全てのメニューをこなし走り終わった後の達成感や、そんな辛いメニューを共に乗り越えていける仲間の大切さを改めて実感することができた。これはスキー部に入部していなければ分からなかったことかもしれない。

 あと1ヶ月後には本格的なスキーシーズンが始まり、上手く滑れなかったり結果が出せず苦しく辛い期間がきっとある。しかしそんな時こそ「スキーを楽しむ」という初心を忘れないようにしていこうと思う。
そして半年後には2年生となり後輩も入ってくる。自分達が教える側の立場になるということも忘れずに、スキー部員としての日々を大切に過ごしていきたい。

Advertisement

コメントを残す