足りないものはわかってる。あとはやるだけ!

3月 6th, 2014 by admin Leave a reply »
ノルディック班2年 藤本 凌太朗
 昨年のインカレにおいての私の成績は「2部昇格」という目標を考えるとそこまで悪いものではない。10kmフリーで4位、リレーでは吉野先輩・広瀬と共に優勝を飾った。
 しかし、クラシカル競技ではぎりぎりポイントを獲得できる順位しか取れずチームに貢献することができなかった。フリー競技でよい成績を残せてもクラシカル競技でよい成績を残せない以上まだまだ成長の余地が自分には残されていると感じている。

 ではクラシカル競技で速くなるためには何が必要なのか?
 答えはわかっていて筋力である。もちろん技術も必要ではあるが、技術と筋力の両方がないと意味がない。
 私は昨年のローラー練習の時から今日まで常日ごろからストックをうまく使いこなせていないと先輩やコーチに言われ続けている。それはやはり筋力不足という理由が顕著で筋力をつけなければ使いこなすことはできないのだと思う。
 しかし、いっこうに筋力がつかないのはやはり私が必要量の筋トレを怠っているということである。そんな状態ではまた来年の今頃になってもストックがうまく使いこなせていないといわれるのはまず間違いない。それでは成長できないし意味がないということに、この夏ようやく気づくことができた。

 
 よって、シーズンインまでの期間はひたすら腕の筋肉をつけることに集中し、冬の合宿中に指摘された問題点を克服するためにも体幹を鍛えて速く美しいすべりができるように心がけたい。
 また、トレーニングを途中であきらめず続けるための根性が私には足りていないというのも事実だ。そういったメンタル面においてもよりいっそうの努力をし成長したい。

 インカレ後に今度こそ笑って泣けるようにがんばります!

Advertisement

コメントを残す