今自分に不足しているもの

3月 6th, 2014 by admin Leave a reply »
一般・アルペン班2年 石川 広基
 第2学年になり、後輩もでき、もう前期も終わりました。私が1学年の時も感じたのですが前期が終わるとシーズンまでもう時間があまりありません。なので、限られた時間の中で自分自身が出来ることをしていかなければなりません。

 私の今年の目標は少しでも部に貢献していくことです。シーズンである冬のみならずオフシーズンでも部に貢献することはできると私は思います。
 昨年、私は何一つ部に貢献することができませんでした。オフシーズン中は全くと言っていいほどメニューについていくことができず、シーズン中は良いと言える成績は1つも残すことができませんでした。なので、昨シーズンよりも今シーズンを良いものにするために今自分に何が不足しているのか考えました。

 
 オフシーズン(陸上トレーニング)で不足しているもの数多くあるのですが、特に体力・気合だと自分自身では思っています。他大学のホームページや夏季インカレなどをみるとアルペンの選手でも体力はかなりあり、さらに短距離も速いのが事実です。なので、メニューにしっかりとついていけていない今の状態は正直まずいと自負しています。
 また、気合については、練習中にきつくなり、脚がもう動かないとなったらここで脚を動かしていくものは気合だと思います。このように言ってしまうと根性論になってしまいますが。

 
 メニューについていけてないことや辛くなるとすぐに落ちてしまうのは上記の2点が不足しているからだと思います。
 シーズンで不足しているものは、スキーの技術はもちろんのこと、体の柔軟性・メンタル面の強さだと思います。私は怪我の予防やパフォーマンスの向上には柔軟性は欠かせないものだと思っています。しかし、実際のところ私は柔軟性が全くと言っていいほどありません。
 また、メンタル面の強さなのですが私は雪上での練習で何度やってもできないことがあるとすぐに気持ちが落ちてしまい、ネガティブになってしまいます。試合の時は失敗したらどうしようなどを考えてしまい極度に緊張してしまいます。なので、シーズンではこの2点が今不足している大きなものだと思います。

 
 これ以外にも、オフシーズン・シーズンともに不足しているものは数多くあります。今回挙げた4点が改善されれば、また次の課題がみえ、その課題をクリアすればまた次の課題と自分自身の課題は次々と出てくると思います。しかし、そのように段階を踏んでいくことにより徐々に成長していくことができるのだと私は思っています。
 なので、シーズンまでの限られた時間の中、より良い状態でシーズンを迎えられるようにできる限りのことをしていきたいです。シーズンに入り後悔するのは自分自身なので甘んじることなく、気持ちも引き締めていきたいと思います。

 
 拙い文になりましたが、これからもよろしくお願い致します。

Advertisement

コメントを残す