後期に向けて

8月 13th, 2012 by admin Leave a reply »
ノルディック班1年 塙 真紀
 スキー部に入部して4ヵ月が経った今、前期について、そして今後について改めて考えてみたいと思う。

 もともと運動は得意でも苦手でもなく、高校でもスキー部に所属していたのだが、週5回、しかも朝練という環境で高校の時とは比べ物にならないきついメニューをこなすことは根気が必要であると、入部してからひしひしと感じた。さらには、本入部のタイムレースの次の部活で捻挫をしてしまい、1ヵ月ほど練習に参加出来ない日々が続いた。入部早々、不注意やストレッチ不足で怪我をしてしまった自分への不甲斐なさも焦りも不安もあった。しかし、トレチさん全員に、焦らないできちんと治すように言って頂き、ここで無理をして怪我を悪化させては意味が無いと思えたため、別メニューに専念することが出来た。主に筋トレや体幹を中心に、 復帰後のメニューに繋がる別メニューが出来たと思う。

 しかし、怪我から復帰したあとの練習では、スピードや距離に付いていけないことが多く、体力の無さを実感した。ランのメニューが多いスキー部だが、なぜバラバラではなくみんなで走っているのか、その意味をもう一度考え直したい。加えて、おそらくそれ以上に大切なのは自分自信の強い心であるとも感じた。自分の気持ち次第で、駄目だと思えば置いていかれ、出来ると思えば付いて行ける。最終的に自分の弱い部分との戦いになるのだと思った。
前期をふりかえってみれば、朝練と授業とに慣れるのに精一杯でぎりぎりのまま前期は終わってしまったと思う。

 一年生としての仕事に関しては、前期は課題だらけであったと思う。同期は自分を含め8人と、先輩方の代に比べれば人数が多いため意思の疎通や仕事分担などが上手くいかず、まとまりのないままであった。それ故先輩方にご迷惑をおかけしてしまった部分が多い。後期からは、1年全員で仕事をこなし、円滑に部活が進むようにしたい。
部員としての自覚をしっかり持ち、練習時とそれ以外のけじめをしっかりつけ、毎回の部活を意味のあるものにしたい。

 次に、後期について、まずはオフ明けのタイムレースに向けてだが、前回のタイムを下回らないようコンディションを整えていきたい。後期は、最終的に14分前半にタイムが乗ることを目標にする。普段の練習では前期での反省を踏まえ、悔いの残るトレーニングにならないように一回一回全力で取り組みたい。
そして、タイムレースの後にはあらゆるOB・OGさんが口を揃えてきついとおっしゃる夏合宿が控えている。先輩方からメニューや内容を教えて頂き不安しか無い現在だが、肉体的にも精神的にも成長できるものだと信じて、より一層強い心を持って臨みたい。

 さらに後期は、目の前のことをひとつひとつこなしながら、少しずつ冬も見据えていけたらと思う。冬の合宿は今までに経験したことのない長丁場になる。全ては冬に繋がるという気持ちで練習に参加したい。

一年目故に、変に気負いすることなくがむしゃらにチャレンジしていこうと思う。

Advertisement

1 comment

コメントを残す