第60回 四大戦

4月 19th, 2009 by admin Leave a reply »
ノルディック班2年 鎌形 なる美
2009年2月11日~13日
オリンピックスポーツパーク(野沢温泉)
男子・女子5キロフリー
 ノルディック班は学年末試験を終えた2月5日より、一足早く野沢温泉に合宿に入った。コースは試合と同じコースで練習した。天候は晴れることが多く雪が溶け雪質は良いとは言えない環境下での練習となったが、晴れているなかでの練習は気持がよく、試合の当日も快晴であった。
 私にとっては初めての四大戦であったため前回までの様子はわからないが、今試合は良い意味では「和やか」悪い意味では「テキトー」な試合であったと感じる。
「テキトー」になってしまった原因は、主催校の成城大学をはじめ、そもそも四大戦の運営の仕方をきちんと把握している人がおらず、リーダーシップをとれる人がいなかったことだと思われる。そのうえ、成城・成蹊・武蔵大学はクロスカントリーをやっている選手がほぼおらず、女子の試合に至っては、学習院から3名・成城から1名(アルペン班の選手)のみの出場。やはり出場する選手がここまで少ないとなると多少いい加減になってしまうのか、事前にコースの係員に伝えてコースを整備していただいたりすることもなく、試合のタイムは部員の腕時計のストップウォッチで測ることに・・・。そんなこんなでスタート直前は決して緊張感やモチベーションが高いとは言えなかった。しかし「テキトー」ななかでも、スタートして滑り始めてからは普段の大会では聞けないアルペン班の選手たちからの声援が聞こえ、息が苦しいながらも、普段の大会とは違う楽しい気持ちで滑ることができた。

 問題点を多くあげてしまったが、四大の交流を深めることができた試合には違いないと感じた。昨年の反省を活かし、今年度の四大戦では、四大戦ならではの温かみの残る良い試合ができることを望んでいる。

Advertisement

コメントを残す