第23回 全日本学生チャンピオンスキー大会

4月 1st, 2009 by admin Leave a reply »
ノルディック班4年 横野 理絵子
2008年12月20日~23日
北海道中川郡音威子府村チセネシリクロスカントリーコース
 今期は全国的に雪不足で、音威子府もある程度の雪はあるもののコースの所々では雪の塊(氷上になったもの)が転がっており、コース係の方々が早朝から雪入れ等のレース準備をされていた。私たち学習院勢は12月初旬から旭岳で基礎練習を重ね、大会2週間前から音威子府に移動し、今シーズン最初の大きな試合である学チャンに臨んだ。この試合のコースであるチセネシリクロスカントリーコースは全国のクロスカントリーコースの中でも起伏が激しく、三つの山を越えていくコースである。また大会は、ユニバーシアードの選考大会とされていることもあり、男子1・2部、女子1部といったレベルの高い選手を間近に見ることが出来る。

 私たちも雪不足の影響で十分な調整が出来なかったものの、各自が今ある力を精一杯に発揮し試合に挑んだ。大会中は鼠先輩や矢島美容室の最新の楽曲が大会を盛り上げ、地元の人々もゴール後ココアや牛乳を振舞って下さり、終始暖かい雰囲気であった。これまでの学習院のユニフォームであった、上が黄色、下が水色の試合着は地元の人にも馴染みがあり、コースのあちこちで学習院がんばれ!と応援して下さる。今年で着納めになるのは寂しい。そうはあっても、何よりチームメイトの応援に後押しされ3日間の大会を無事終えることが出来た。

 今期は島田監督が遠い音威子府の地にまで足を運んで下さり、いつにもまして励まされました。本当にありがとうございました。

Advertisement

コメントを残す