一般合宿現場レポート

4月 1st, 2009 by admin Leave a reply »
一般・アルペン班2年 矢島 優里
2009年3月26日~30日
菅平高原スキー場
 2008-2009シーズンのラストを飾るのが、この一般合宿であった。初めて生徒たちを引率し教えるということで、初めはかなり緊張していた。1年生なので雪上では先輩のサポートに回るだけでよかったが、本当に部員たちだけで教えて、生徒に怪我をさせないでいられるか、無事家に帰すことはできるのだろうか、という不安が大きかった。
 
 合宿当日。朝早く出発したバスの中で、小学生達にジェネレーションギャップを感じつつも、順調に宿に到着した。生徒と同じ部屋ということで、若干緊張しつつ部屋に行ってみると、小4の女の子3人と同室だった。小学生の元気なこと元気なこと。初め油断していたせいで、口の達者な女の子達にKOされてしまった。今どきの女の子ってすごい…!だから一般合宿の感想といえば、生徒達が元気だったこと、これが一番印象に残っているかもしれない。
 初日の夜のお楽しみ会では、皆で楽しくゲームをした。最後になって、同室の女の子達からキーホルダーのプレゼントをもらった。なんてかわいいんだ小学生!!早速ウェアにつけ、それを見るたびに顔がにやけてしまう。

 レッスンでは、榎本さん率いるTEAM・小4。やっぱり皆元気だった。どこから来るのかわからないそのパワー。休憩タイムは休憩じゃなかった。子供たちとの真剣・雪合戦。雪合戦というより、私VS生徒達だったので、ほぼ一方的な展開による敗戦である。私が転んでも容赦のない攻撃のおかげで、一日の体力を使い果たすことになってしまった。私と同じくやられまくってマジギレしていた先輩Wさん。巻き込まれたくないと、安全な場所から傍観していた同期達。生徒達に恐がられ、全く攻撃を受けていなかったチーフのEさん。そして何よりも、凍死するのではないかと心配するほど埋められていたOBのOさん。皆思い思いに楽しんで遊んでいたと思う。
 
 私が一番驚いたのは、生徒たちの素直さである。雪上でやってはいけないルールをきちんと守っていたことである。食事では「先生残していい?」と聞いてくる子供たちがかわいくてしょうがなかった。
 一般合宿といえば、検定を受けることができるのが何よりの特徴だと思う。私も1級に挑戦したかったが、家庭の事情により急遽帰ることになってしまい、受けられなかった。だから生徒達が受けるところも、団体戦も、最後の納会も出られず、非常に残念であった。
 終えてみると楽しかった一般合宿。怪我人も出ず、無事終えることができて本当によかったと思う。これも、前合宿から指導して下さった榎本コーチをはじめ、お忙しい中時間を割いて来て下さった村松部長、阿部さんや山崎さん、OBの方々のおかげである。そして私の一般合宿はまだまだこれから、あと3回はある。来年子供たちの成長した姿を見るのも、2年生になって成長しているはずの自分の姿を見せるのも楽しみである。来年は小学生の流行りものをおさえて臨みたいと思う。

Advertisement

コメントを残す